【レビュー】脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法 樺沢 紫苑 (著)

出版社:文響社(2016/12/14)

有名な精神科医、樺沢 紫苑(かばさわ・しおん)さんの本。
ちゃんと勉強しようとすると難しそうな「脳内物質」とやらを、素人でも理解できるレベルで解説してくれます。
300ページを超えるボリュームですが、サクサク読むことができます。

この本で取り上げている「脳内物質」は7つ。
ひとつづつ挙げてみます。

・ドーパミン
・ノルアドレナリン
・アドレナリン
・セロトニン
・メラトニン
・アセチルコリン
・エンドルフィン

どれもどこかで一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
これらの物質の働きを「仕事に役立てる」という切り口で書かれたのが本書です。

仕事に関する部分で具体的に働きかける能力は、

・やる気
・集中力
・学習力
・記憶力
・想像力
・作業効率

などで、これらの能力について、どの物質がどのように関与しているのかという事と、それぞれの物質を分泌させるための具体的行動を知ることができます。

なるほど、人間は感情で行動する生き物なので、その感情に働きかける脳内物質の分泌を促す最初の行動をどうとるかはすごく大切なんでしょうね。
行動→分泌→行動・・・そんな感じで、良いスパイラルに入れば一気に成功に向かうのかななどと、いろいろ考えてしまいました。

ボクの場合、なんとなく知っていたつもりの物質でも、「あ、そんなことをするとそれが分泌されるんだ」などの発見がいくつもありました。
たとえば、エンドルフィン。
悟りに導く物質だそうで、鎮痛・鎮静作用もあるようです。
これを分泌させる行動として挙げられているのは、

・激辛料理を食べる
・脂っぽいものを食べる
・チョコレートを食べる
・走る
・熱い風呂に入る

などです。

長時間走り続けると気分が高揚してくる「ランナーズハイ」は有名ですが、それ以外については知りませんでした。

ボクは昔、辛い食べ物が苦手で、辛子明太子やキムチなどは食べれませんでした。
「なんでわざわざ辛くして料理の味が分からないような味付けにするのか意味が分からない」と思っていました。
ところが、知人に勧められて少しずつ食べはじめるようになると、そのうち、すっかり激辛料理にハマってしまいました。
今では、担々麺やキムチ鍋なんて大好きです。
こうして、人一倍辛い料理が好きになったのですが、なぜそうなったのかが分からず多少気にはなっていました。
この本を読むまでは単に「慣れかな」と思っていたのですが、読んだ後は、エンドルフィンが分泌して中毒になってるんじゃないかな、なんて考えています。
ひょっとして少し前からはやっている二郎系ラーメンなんかも、この作用が働いているのかもしれません。
所詮人は、意味とかそういった理屈で行動しているのでは無いんですね。
改めてそう感じました。
だから世間では、いろんな人が思いがけない事をしたりするのでしょう。

他に、このエンドルフィンを分泌させる方法として、「感謝する」というのも意外でした。

こんな感じで、7つの物質それぞれについて面白く書かれていますので、「こんな能力高めたいなあ」なんて思ってる能力があるのなら、本書を読むといいヒントが貰えるかもしれません。

でも、考えてみると、これって「薬の自炊」になるんじゃないかと。
ハハハっ(笑)


読後の本のゆくえ

売った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL