子供日記の効果はどうなんだろう

子供の誕生日に「10年日記」をプレゼントしました。

10年日記は、10年間のイベントの日付が一緒のページになるように構成されていて、書き進めるに連れ、1年前の今日はこんなんだったんだな、2年前の今日はこんなことをしてたんだなと思い出にふけりながら日記を書くことができるものです。

一日に書く欄は数行なので、その日の締めくくりに良さそうです。
自分の成長を実感できるものになるかもしれません。

人は、成長と共に過去の大部分を忘れてしまいます。
でも、自分がこれから道を切り開こうとした時、過去を振り返り、歩んできた軌跡を確認することはとても大切なことと考えています。
そんな時の支えになればいいなと思っています。

ちゃんと続けてくれればですが・・・

実はボクも過去、日記帳を与えられたことがあります。
小学校低学年の頃でしょうか。

おそらくボクの親も、今の自分と同じような想いで与えてくれたのかもしれません。

その1冊が、唯一残っているリアルな自分の過去です。

こちらがその日記。







バカか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL