日本の離婚率は意外と高い

子供の入学式に参加した時、お父さんだけ、お母さんだけ参加してる人が増えてる気がしました。
一緒にいた嫁にその事を話すと、それらしい話が色々でてきました。

3組に1組のカップルは離婚している?日本って離婚率高いんだね

既婚者なら1度は考えてしまうキーワード。離婚。そんな離婚の現状をまとめてみました 更新日: 2017年01月29日

今の嫁と結婚する少し前、嫁の知人の紹介で、大阪に住むとある占い師に相性を見てもらったことがあります。
事前に名前や生年月日などを伝えておいたのですが、それを基に作図されたのがコレ。

赤い三角が嫁で、黒い三角がボク。
重なっている部分が多いほど、”似ている”部分が多いのだそうです。
その占い師曰く、「重なっている部分が多いとは言えないから、結婚したら意見の食い違いが多いかもしれませんね。」とのことでした。

確かに、嫁とボクは似ていない。

  •  テレビや漫画好き
  • ボク テレビ嫌い、活字好き
  •  パソコン嫌い
  • ボク パソコン好き
  •  料理上手
  • ボク 料理だけは苦手
  •  面倒くさいことが嫌い
  • ボク 面倒くさい事が結構好き
  •  宇宙人はいないが、お化けはいると信じている
  • ボク お化けはいないが、宇宙人はいると信じている
  •  虫は平気
  • ボク 虫が大嫌い
  •  ヤモリが大嫌い
  • ボク ヤモリはかわいい
  •  組立家具を組み立てられない。説明書を読むのが大嫌い
  • ボク DIYは得意
  •  自分の子供は、テレビの子役のようなお利口さんに育って欲しいと思っている
  • ボク 自分の子供は、喜怒哀楽を自由に表現してほしい。沢山手を焼かせて欲しいと思っている
  •  自分の子供に厳しい
  • ボク 自分の子供に甘い

などなど。これら以外にも挙げたらきりがありません。
嫁は友人から、「よくそんなに似てないもの同士が夫婦でいれるね」と言われるそうです。
ボクはそれについて、「重なっているところはお互い譲れないと思っているところで、重なっていないところは譲ってもいいと思っているところ、新しい何かを生み出せる可能性を感じているところ」だからなんだろうと考えています。

意見が違うことは多いけど、めったに喧嘩にはなりません。
ボクは、今の嫁以外にボクの嫁は考えられないんだけど、果たしてボクらは永遠なんだろうか。

嫌いなものが一致すると長続きする理由
価値観が同じ人か違う人、どちらがいいか、という古典的な二択がある。
私が一等好きなのは、やらないことや言わないことは互いに完全に一致しているのに、やることも言うことけっして自分とは似ても似つかない人だ。価値観は一部同じ、そして一部全然違う。そのことに互いに敬意を持ちあえる人である。
いつか別れる。でもそれは今日ではない / F (著) KADOKAWA

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL