許すということ

テレビ嫌いのボクですが、昨晩は久しぶりに一人でバラエティー番組をボーッと見ていました。
見ていたのは、『爆報!THEフライデー』。
2015年に亡くなった阿藤快さんの息子さんが出演するというものです。
番組終了後、ネット上には番組を見た人達のさまざまな感想があげられていました。

爆報!THEフライデー 5/5 感想まとめ

JIRO @madjio#爆報 #阿藤快うちも似たような環境だった。でもさ、一期一会の人達に対する接し方と、自分が責任を負うべき家族とは違うと思うけど?外面は良くても他人が見ていないところ、家族に命懸けで接してくれない父親じゃないなら美談にして欲しくないな。2017年May5日 19:51

阿藤快さん生き別れの息子が思い告白「もっと会いたかった」

1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/06(土) 05:45:35.11ID:CAP_USER9.net15年11月に亡くなった阿藤快さん(享年69)の生き別れの息子・基さん(42)が、5日に放送されたTBS「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演。亡き父への思いを口にした。

阿藤快さん息子「父との思い出はない」20年超の断絶を語る

2015年に亡くなった俳優の阿藤快さんの息子・基(もとい)さんが5日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系、金曜、後7時)に出演し、父と断絶状態だったことを明かした。基さんは容姿は快さんとうり二つ。トラック運転手を経て1年前から工場で勤務していると紹介された。

阿藤快さんの息子が思い告白「もっと会いたかった」

阿藤快さん息子「父との思い出はない」20年超の断絶を語る

阿藤快さんの息子が思い告白「もっと会いたかった」約30年顔を合わせることがなかった15年11月に亡くなった阿藤快さん(享年69)の生き別れの息子・基さん(42)が、5日に放送されたTBS「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演。亡き父への思いを口にした。阿藤さんの葬儀・告別式で喪主を務め注目を浴びた基さんだが、テレビのインタビューに答えるのは今回が初めて。

普段テレビをあまり見ないボクも、たまには「さすがですね」とテレビ関係の方を賞賛したくなる時があります。
前回は、タレント女医が逮捕された時、BGMにラウドネスのクレイジードクターが流れてきた瞬間。
その選曲のセンスの良さに思わず拍手しました。
ボクが20代の頃、ギターで一生懸命コピーしてた曲。
そして今回の爆報!THEフライデー。
この番組からボクが受け取ったメッセージは、「許す」ということ。

確かに阿藤快さんの家族に対する態度には問題があったと思います。
それは、阿藤さんのその時の心情を反映したものだったかもしれませんし、若気の至りのような過ちだったかもしれません。
それによって、奥さんや息子さんが経験した苦痛は想像に余りあります。
「いくら外面が良くても・・・」云々の意見もわかります。

が、しかし、ボクは阿藤さんなりにきっちりケジメをつけたと感じました。

「どのつら下げて電話してきてんだ。いい加減にしろよ」と言った息子さんに対して、今の自分に何が出来るかを阿藤さんなりに考え、それを実行したものがあの阿藤さんの行動だったのだと思います。

「面と向き合う」というのも一つの向き合い方だと思いますが、「背中を見せる」というのも別の向き合い方です。

息子さんも、今回の番組でそれに気づいたからこそ、父を許し、墓前で「お父さんの息子だよというのを、誇りを持って生きていきます。これからも見守ってください」と手を合わせたのではないでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL