心が宙ぶらりん

ドンッ、ガラガラガラッ、ガッシャーンッ!

2017年4月26日、道路脇の斜面から落ちてきた岩がパトカーの右前方を直撃。

キーッ、ドーンッ!

はずみでパトカーは左側を走行中の軽四車両に衝突する事故がおきました。

幸い、軽四車両の運転手と、パトカーに乗っていた2名の警察官には怪我はありませんでした・・・。

嘘です。

自宅から駐車場へ向かう道すがら、置き去りにされたおもちゃを見つけました。
おそらく前の日、子供が遊んでいたのでしょう。
ミニカーが2台。
見つけてから3日たってもこのままです。
4日めには雨が降りはじめました。
このおもちゃの持ち主は、もう忘れてしまったんでしょうか。
このおもちゃ、このまま放置されてだんだん朽ちていくのでしょうか。

ボクは、こうして置き去りにされた遊び道具に言いようもない感慨を覚えます。
砂場に転がったバケツやスコップ。
公園のベンチに置かれた縄跳び。
こういったモノを見ると、それまでそれで遊んでいた子どもたちの情景が思い浮かんできます。
そして、心がむずむずした感じになるんです。

なんとも言いようもない気持ちです。

他にも同じような気持ちが湧いてくる時があります。
それは、廃墟を見た時。
その時も、同じような心情になります。
実はボク、廃墟が大好きなんです。
軍艦島とか、とても行ってみたい。

軍艦島の廃アパート

朽ちていくものを見たいという心理、これはどういった状態なんだろう。
そう思ってネットで検索してみました。

でも、どれも自分の気持ちと違うんです。

朽ちていく美、滅びの美学・・・、うーん、嘘くさい。ボクは朽ちていくモノ、モノそのものに美は感じない。

わびしさ・・・、違う。

気味悪さ・・・、違う。

しっくりくるものが無い・・・。

愛おしい・・・、近いかも。

考えても、よくわからない、宙ぶらりんな状態。

なんだか面倒くさくなってきた。

まあ、いいや・・・うん。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL